色々な理由で手術

包茎手術の第一のハードルが「勇気」である事は間違いない話です。しかし、対象的に包茎手術を決断する理由はこれまたいろいろです。

まずはやはり、元からコンプレックスを持っていてという理由、これはここまでのお話にもある通りです。次に性病感染予防、この理由もやはり先に触れた通り亀頭がむき出しにになっていないことから、亀頭と包皮の隙間にカスなどが溜まりやすく不衛生となり、その部分が湿気を持つ事から細菌の温床となり尖圭コンロジーマ(コンジローム)、性器ヘルペスなどが発症するということです。

そして多くの理由の中でも特に際立っているのが「異性からの指摘」です。実際には自分でも気がつきつつあったものの、先ほどの気恥ずかしさなどの理由から病院にかからずきて女性と付き合い、性交渉をに至ったものの・・・なかなか挿入の際に痛みを伴ったり、中まで挿入出来なかったり、場合によっては異性から「なんか変な形だね」などと言われてしまったという方もいるといいます。

相手も悪気がないという事もあるようですが、こうなる前に「もしかして包茎かもしれない」という方は是非1度、専門の医療機関の診察を受ける事が重要です。それが私生活での不便などの改善にもつながります。

どうやって相談?

「おいおい、いくら自力で治そうとして矯正器具を使った事で腫れてしまったり、あざができる事もあったり、性病に感染する恐れがあるからといって包茎手術をしてくれるクリニックに電話して女性の受付が応対でもしてあなたは自分の男性器の“包茎”について事細かに症状を説明して予約を取る勇気があるのか?」と言われると確かに気恥ずかしい部分はあります。しかし、今ではインターネットやスマートフォンといった便利なツールがあります。

「出た!出た!最近の若いヤツはすぐインターネットだよ」という声も聞こえてきそうですが、包茎の悩みとインターネットに対するアレルギーを天秤にかけてください。便利なものは使いましょう。そうなのです。今日では全国津々浦々の男性専門治療院や美容外科クリニックでメールでの無料相談や予約を受け付けています。直接相談するのは恥ずかしさを感じるかもしれませんが、メールであれば細かい部分まで相談しやすくなります。しかも、男性のカウンセラーや院長自ら返信をしてくれる親切なクリニックもありますので、どんどん活用していきましょう。

TOPIC : http://www.mens-chuoh.com/

また、これらの病院は年中無休である事が多いのも忘れてはいけません。手術の場合の治療費の相場は70,000円〜200,000円といったところです。自分ひとりで悩んで自力で解決しようとせずにいくつかの病院に相談して自分に合わせたオーダーメイドの治療を受ける事をお勧めします。

美容外科と仮性包茎の基礎知識

よく「包茎手術」と耳にするとなんとなく…というより、ただ単に「男性のコンプレックス」というだけと捉えられがちです。しかし、それは大きな間違いです。また、「まったくの他人事ではあるまいか」という事も見識も誤りです。

というのも日本人の中で約50パーセントの方々はなんらかの包茎であるものの「男として恥ずかしい」、「男性専門医にかかるところを誰かに見られたらどうしよう」、「まさか自分自身が包茎だとは思わない」、「誰に相談していいか、どの美容外科・医療機関にかかっていいかわからない」など十人十色の理由で医者にかからず治療を受けていないだけなのです。つまり50パーセントというのはあくまでも推測であって実際にはもっと多くの男性が「自分はもしかしたら包茎では?」という方がいるのです。

その中の多くは「仮性包茎」と呼ばれる症状で一見して痛みや変形、私生活、性交渉での不便や困難もないタイプの包茎なのです。この仮性包茎は勃起すると包皮がむけて亀頭があらわになる為に、やはり包茎ではないと自分で判断してしまい医療機関で治療を受けずに済ませてしまったり、近年では通信販売などでも購入できる事が多い矯正器具を使用し、自分で治そうとして余計に悪化させてしまい炎症などを起こしてしまう事も増えています。

ちなみに仮性包茎でも勃起時以外は亀頭が包皮に覆われており性病に感染する恐れがある事も忘れてはいけません。そこでここでは包茎手術の相談方法や手術を判断した理由などについて取り上げます。