色々な理由で手術

包茎手術の第一のハードルが「勇気」である事は間違いない話です。しかし、対象的に包茎手術を決断する理由はこれまたいろいろです。

まずはやはり、元からコンプレックスを持っていてという理由、これはここまでのお話にもある通りです。次に性病感染予防、この理由もやはり先に触れた通り亀頭がむき出しにになっていないことから、亀頭と包皮の隙間にカスなどが溜まりやすく不衛生となり、その部分が湿気を持つ事から細菌の温床となり尖圭コンロジーマ(コンジローム)、性器ヘルペスなどが発症するということです。

そして多くの理由の中でも特に際立っているのが「異性からの指摘」です。実際には自分でも気がつきつつあったものの、先ほどの気恥ずかしさなどの理由から病院にかからずきて女性と付き合い、性交渉をに至ったものの・・・なかなか挿入の際に痛みを伴ったり、中まで挿入出来なかったり、場合によっては異性から「なんか変な形だね」などと言われてしまったという方もいるといいます。

相手も悪気がないという事もあるようですが、こうなる前に「もしかして包茎かもしれない」という方は是非1度、専門の医療機関の診察を受ける事が重要です。それが私生活での不便などの改善にもつながります。